ドワーフ・フロッグビットとバリスネリア・スピラリスを入れてみた


ドワーフフロッグビット(無農薬)


バリスネリア スピラリス(無農薬)

を追加しました。

ドワーフはファンタジーの物語で登場する小人。そんな意味でドワーフフロッグビットは小さい葉です。
アマゾン・フロッグビットより小さいです。
また、アマゾン〜に比べて丸型です。
水中の養分を吸収してくれることを期待して入れました。
入れてみると、「水槽やってんなー」って気分になりました。
、、、浮草ってやっぱ少し非日常じゃん?haha
そもそもなんで浮いてるんだ?って、、、葉をみるとね、裏側が風船のようになっててそれを浮力にして浮いてるんだよね、初めて知ったよ。

バリスネリア・スピラリスはね、長いんですよ、とにかく、30センチ水槽の端から端まで届くくらいにね。
で、これがどんどん増えるらしい。
なので人気がないらしい。噂ではワースト1位の水草だとか?haha
だけどね、この水草の入ってる水槽みると「わおっ!いいじゃん!」とか思うんだよね、俺は。
実際ね、今回入れてみてね、うんうん、この水槽にはこれがあってるし、”いいね”と思った。

入れてみたのが次の動画、、、

いくつかのことを総合的に考えてなんだけど、、、

まず水草の根が途中から生えてる。
これは、、、
1)水中の養分が高い
2)土中の養分がないので水中から養分を取ろうとして根を出す。
らしんだよね。
俺の水槽の場合は、水中の養分が高いんだよね。
というのも、、、
水槽ガラス面にもかなりコケが生えるし、ウィローモスなんかにもコケがつくからね、水中養分が高いと判断した方がいいと思うんだ。

で、
水槽の蓋の件です。
以前の動画でも言ったけど、
冬場はね、水温が高くて外気は低いから水槽のガラス面が曇っちゃうんだよね。
こうなるとね、照明の光がダイレクトに水中に落ちていかないよね。
つまりは、、、照明の光が弱くなった状態。

で、で、
二酸化炭素がね、1ヶ月経って毎秒の排出量が減ってたわけ。

この二つをあわせると、光と二酸化炭素の量が減ってた。
で、水中の養分が高い。
これがね、苔を増やした原因かもと思ったわけ。

以前の水草より最近は成長が遅くなったと思ってたわけ。
そこで考えたよ。

厚めの画用紙で魚が飛び越せないであろう壁を作ったわけ。
ほんで、
ガラス蓋を外して、、、
光を強くして二酸化炭素量を以前と同様にした。
光を強くして二酸化炭素を増やせば光合成が盛んになり水草の成長が早まり、そのとき水中の養分が消費され、コケなどにまわる分は減るはずなんだよね、理屈的には。
そして、
水換えをして余計な養分を出す。
そしてそして、
浮草などを増やし水中の養分を吸収してもらう。
どうだ?

これでしばらく様子をみたいと思います。

ベタ水槽のPh (ペーハー)を測定してみた

水槽はじめて2週間くらいが過ぎたところですね?
水質チェックってことでPh(ペーハー)を測定してみます。

使うのはこれ、、、

テトラ (Tetra) pHトロピカル試薬 (5.0-10.0)

これ一箱で50回測定できるそうだ。
やってみたら簡単だった。
水槽の50mlに試験薬を7滴落とす。。。水に色がつくのでその色からPhの数値を判断する。
言葉だとわかりにくいかもだけど、見れば簡単。
使い方を録画してみた、、、

Ph6.5ってところかな。
弱酸性っぽいって感じ?haha

Ph7が中性くらいって感じでいいみたいなんだけど、、、面倒なことに、明確な基準がなく、なおかつ、、、洗剤などの世間一般的なPhとアクアリウムのPhは少し区分けが違うらしい。

ベタは弱酸性の水が良いとされるようです。
ただまぁ、ベタは水質が多少悪くてもそういうのに強い方の魚だし、Ph6.5なら弱酸性的な感じのようなので、こんな感じでいいかな?って感じだ。

とりあえずマジックリーフを少し追加で入れてみた。
急激なPh変化は魚にとって最悪なようなので少しづつ、もう少し酸性寄りになってもいいかな?って感じで。

とりあえずアルカリとかじゃなくてよかったってことで。
そんなこんなで今後もたまに様子みていきます。